ニュース

「女たちの21世紀」No.92【特集】教育への国家介入がもたらすものとは何か

2017/12/11

2017年12月発行hyou1
単価 : ¥1,296 (税込・送料別)
アジア女性資料センター発行/夜光社発売


数量 :

人の幸福は、その抱える現実によって異なる。教育は、そんなさまざまな個人が、それぞれの幸福を追求する権利を実現する力を育むためのものだったのではないだろうか。そんな教育がいま、個人の人権や尊厳を破壊する道具に変えられようとしている。(「特集にあたって」より)

・・・・・・・・・

特集 教育への国家介入がもたらすものとは何か

特集にあたって  竹信三恵子

インタビュー:前川喜平さん 個人を大切にする教育を ― 教育行政の中枢を担った経験から

家庭教育への国家介入 ― 家庭教育支援法条例および法案の問題点  木村涼子

戦時下の家庭教育振興政策  奥村典子

育児論にみる右派のイデオロギー  能川元一

道徳教科化の背景とこれから  俵義文

教育勅語が学校現場に  平井美津子

ジェンダーの視点からみる社会主義核心価値観による中国女性への影響  謝恺玲

韓国における人格教育 ― 「人格教育振興法」を一例として  上山由里香

朝鮮高校無償化裁判
(東京) 日本政府の差別を追認した東京「無償化」裁判地裁判決  朴金優綺
(大阪) 歴史的な大阪地裁の判決  金星姫
(広島)  朝鮮学校の子どもたちの学習権を保障させよう ― 広島「無償化裁判」闘争を通じて  村上敏
(福岡) 裁判所は職責を放棄せず、真っ当な判決を  金敏寛
(愛知) まずは朝鮮学校を知ることから  村田峻一

[国内女性ニュース]

インターセックス活動家による講演会 「インターセックス・カミングアウト」開催  濱田すみれ

第20回全国シェルターシンポジウム in 東京開催  戒能民江

働き方改革一括法案は廃案に  酒井和子

2017年衆院選が終わって  船橋邦子

女性たちの課題を解決するために――「パリテ・カフェ」キックオフ・イベント開催  山本朱音

[海外女性ニュース]

アメリカ:大都市として初 「慰安婦」メモリアル除幕式開催  河庚希

韓国:第1300回水曜集会――1300回目の訴えと民主主義  古橋綾

[連載]

フェミ×アート 私たちが〈共〉にできることは何か 安世鴻「重重:消せない痕跡Ⅱ写真展―アジアの日本軍性奴隷被害女性たち」  岡本有佳

【新連載】アジアをつなぐアクティビズム 戦時性暴力被害者支援のいま
黄有良アポとの出会いと別れ――中国海南島の日本軍戦時性暴力サバイバーの声  米田麻衣

中国フェミ的見聞録  大橋史恵

香港便り  小出雅生

アンコールからのんびり便り  中川香須美

ヤンフェミ的ガールズトーク 「ながらスマホ」してるから痴漢に遭うってどういうこと!?

まちや通信  佐藤智代子

[AJWRC information]

セミナー報告:「日本の非正規公務員問題とソウル市の非正規公務員政策」

スタッフ紹介/センターの主な活動

・・・・・・・・・

この機会に、アジア女性資料センターの会員になりませんか? 会員になると「女たちの21世紀」が毎号届きます! 詳細はこちらからご覧ください。

資料館