ニュース

「女たちの21世紀」No.96 【特集】「女性活躍」政策の5年――利用されるフェミニズム

2018/12/10

2018年12月発行女21_96表1_4_a_out (2)
単価 : ¥1,296 (税込・送料別)
アジア女性資料センター発行/夜光社発売


数量 :

2012年末に成立した第2次安倍政権が「女性が輝く社会」を打ち出したことは、2000年代初期からの「ジェンダー・バックラッシュ」を鮮明に記憶しているフェミニストたちにとって、大きな驚きであった。なにしろ安倍晋三といえば、2000年女性国際戦犯法廷を取材したNHK番組を改変させ、「過激なジェンダーフリー教育」への攻撃を煽ってきた中心人物である。その同じ人物が、あたかもフェミニストに宗旨替えしたのように「女性の活躍」を語る姿は、質の悪い冗談のようでもある。(中略)
フェミニズム運動は国家とどのような関係を取り結ぶのか。誰を代表するのか。その自律性を保つために何が必要なのか。かつて日本のフェミニズム運動が国策に動員され、加害の一端を担った過去を想起するとき、これらの問いはいっそう切迫感をもってくる。右派政権によるフェミニズム利用を見つめ分析することを通して、フェミニズムのありかたそのものを議論する場を開いていきたい。(「特集にあたって」より)

・・・・・・

特集 「女性活躍」政策の5年――利用されるフェミニズム

特集にあたって 本山央子

「女性の活躍」と右派の本音  山口智美

目的か手段か?―― ジェンダー政策課題は、いかに設定されてきたのか  内藤和美

安倍政権期における軍事強硬主義的女性閣僚増加の構造  海妻径子

労働分野のジェンダー・ギャップは是正されるのか? 固定化されるのか?  金井郁

今こそ声を上げて、連帯しよう   吉永磨美

外交分野における「女性」の活用  本山央子

災害多発の日本で、女性はどのように考え、活動していくのか  堀久美

[国内女性ニュース]

女性差別撤廃条約選択議定書の批准を― CEDAW委員パトリシア・シュルツさん講演集会開催  濱田すみれ

【インタビュー】パトリシア・シュルツさん CEDAW個人通報作業部会長に聞く― 選択議定書批准のために日本のNGOができること

川崎市でのイスラエル軍事見本市に抗議して  吉田亜矢子

ユニクロの元下請工場労働者 柳井社長との面会を求めて来日  濱田すみれ

[海外女性ニュース]

サンフランシスコ「慰安婦」メモリアル碑1周年記念に参加して― 性奴隷被害者の痛みを記憶し、繰り返させないという決意に連帯する  方清子

韓国放送界初、公共放送KBSに性平等センター開所 外部から被害者相談のプロをセンター長に  岡本有佳

挺対協創立28周年記念シンポ 日本軍性奴隷制問題解決のための南北連帯、国際連帯へ  岡本有佳

[連載]
フェミの本棚
アジアをつなぐアクティビズム 戦時性暴力被害者支援のいま
万愛花さんの声  趙金貴
アンコールからのんびり便り  中川香須美
まちや通信  佐藤智代子
香港便り  小出雅生

[AJWRC information]
セミナー報告「スポーツの軍事化とオリンピックの政治」
ビジョンづくりワークショップ報告/インターン紹介/センターの主な活動

・・・・・・

※『女たちの21世紀』のバックナンバーはこちらからご覧ください。
※この機会に、アジア女性資料センターの会員になりませんか? 会員になると「女たちの21世紀」が毎号届きます! 詳細はこちらからご覧ください。

資料館