イベント

(2/10)シンポジウム「女性活躍」の5年――ジェンダー平等は近づいているのか?

2018/12/14

「女たちの21世紀」96号「『女性活躍』政策の5年――利用されるフェミニズム」発行記念シンポジウム
「女性活躍」の5年――ジェンダー平等は近づいているのか?

 第2次安倍政権が打ち出した「女性が輝く社会」が始まって5年が経過しました。しかし、2017年のジェンダー・ギャップ指数では過去最低の順位を記録。医大入試における女性差別や、政治家・省庁によるセクシュアル・ハラスメントとその2次被害が問題になるなど、日本のジェンダー格差や女性に対する暴力の問題は改善される気配を見せていません。
 かつて猛威を振るった「ジェンダー・バックラッシュ」で中心的な役割を果たした首相が推進する「女性活躍」とは何か、それは女性の権利やジェンダー関係にどのような影響をもたらしているのか。「女性活躍」の5年間を検証する『女たちの21世紀』特集号の発行を記念して、ジェンダー平等施策、女性と政治、経済、外交など、多様な側面から議論するシンポジウムを開催します。ふるってご参加ください。

【登壇者】
海妻径子さん(岩手大学)
内藤和美さん(岩手大学)
金井郁さん(埼玉大学)
吉永磨美さん(毎日新聞社)
本山央子さん(アジア女性資料センター理事)

日時:2019年2月10日(日)14時~17時(開場13時30分)
会場:文京シビックセンター「アカデミー文京」地下1階・学習室(東京都文京区春日1‐16‐21)
参加費:1000円(アジア女性資料センター会員:800円)
定員:60人(※事前にお申し込みいただいた方を優先いたします)

お申し込み:こちらのフォームから必要事項をご記入のうえ、お申し込みください。入力がうまくできない場合は下記のお問い合せ先まで①お名前②ご連絡先をお知らせください。

【お問い合せ】
特定非営利活動法人アジア女性資料センター
E-mail:ajwrc@ajwrc.org
Tel:03-3780-5245 Fax:03-3463-9752

「女たちの21世紀」No.96 【特集】「女性活躍」政策の5年――利用されるフェミニズム女21_96表1_4_a_out (2)
特集にあたって 本山央子
「女性の活躍」と右派の本音 山口智美
目的か手段か?―― ジェンダー政策課題は、いかに設定されてきたのか 内藤和美
安倍政権期における軍事強硬主義的女性閣僚増加の構造 海妻径子
労働分野のジェンダー・ギャップは是正されるのか? 固定化されるのか? 金井郁
今こそ声を上げて、連帯しよう 吉永磨美
外交分野における「女性」の活用 本山央子
災害多発の日本で、女性はどのように考え、活動していくのか 堀久美
★その他、国内外のジェンダーニュース、連載、AJWRC informationなど★

ご注文はこちらからどうぞ。

資料館