ニュース

ジェンダー・ギャップ指数2018発表 日本は110位

2018/12/24

2018年12月18日、世界経済フォーラムは「ジェンダーギャップ指数2018」を発表した。対象149か国の経済、政治、教育、保健分野における男女間格差を数値化したレポートだ。日本は2017年に記録した過去最低の114位から4つランクを上げた110位だった。今回も完全なジェンダー平等を達成した国はなかったが、格差が少ない上位にランクしたのは、アイスランド(1位)、ノルウェー(2位)、スウェーデン(3位)の北欧諸国。日本は、経済分野で114位から117位、政治分野で123位から125位にランクを下げた。保健分野は41位、教育分野は65位と、すべての分野でジェンダー平等は達成されていない。

●Global Gender Gap Report 2018

資料館