イベント

連続ワークショップ 英語でフェミニズム

2007/10/03

海外の女性たちから、アジア女性資料センターに毎日届く、世界の女性たちの状況や、その状況を変えるための取り組みを伝える英語のメール・資料の中から興味深いトピックを選び、そのトピックについて英語で話し合います。自分の言いたいこと、考えたことを、とにかく英語で言葉にしてみること、そこから話は始まります。まずは単語の羅列でもいいのです。そこから次のステップは始まります。フェミニズムのことを話すときによくでてくる言葉や表現を
学んで、会議やスタディツアー、海外からのゲストを迎えてのセミナーなどで、英語でコミュニケーションする力を少しづつ身につけます。

◆日 時:10/3、10/17、10/31、11/14、11/28、12/12
     いずれも水曜日 19:00~20:30
◆場 所 アジア女性資料センター(渋谷駅西口徒歩5分)
◆参加費 会員9,000円、一般12,000円
◆講 師 石原みき子さん
 英会話教室「環境とフェミニズムの英会話寺子屋」を93年から主宰。
 英語を使うけど、内容重視。流暢に語っても伝わらないこともあれば、とつとつと語っても響くこともあるのは、日本語でも同じです。伝え、聞き取ること、そしてもちろん何を語るかこそを大切にしてきました。英語の上達は後からついてくるというポリシーです。
 英語をしゃべるということは、パワーに近づくことです。そこでは競争が起きます。コミュニケーションの手段として英語を学ぼうとしているのに、お互いを理解しあうことより、英語力を比べて落ち込んだりしてしまいます。競争心=コンプレックスから、ぜひ自由になりましょう!

お申し込みは、アジア女性資料センターまで

資料館