イベント

(9/26)連続フィールドワーク・ツアー第1回「戦後70年」をきっかけにたどる女性たちの生きた軌跡 ―在日朝鮮人女性、日系移民女性、労働する女性

2015/09/16

「戦後70年」をきっかけに、戦後の歴史を生き抜いた女性たちの軌跡をたどるフィールドワークを企画しました。国家や社会によって規定され、期待されてきた「女性像」がある一方で、現実の女性たちは、そうした「女性像」とのあいだに摩擦や葛藤を抱えながらも懸命に生きてきました。 全3回のフィールドワークでは、専門家とともに資料館をたずね、実際に見て触れて、「戦後」の女性たちの歴史の1コマを感じます。
 さあ、私たちの社会を築き上げた女性たちに会いにいきましょう!

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

【第1回】 金富子さんと旅する在日韓人歴史資料館―植民地朝鮮から日本へ移動した朝鮮人女性たち


 金富子さんと在日韓人歴史資料館をたずねて、植民地ディアスポラとしての朝鮮人や関東大震災のレイピスト神話と虐殺事件から「流言」の特徴をジェンダー視点で考えます。また在日朝鮮人社会の形成と家族、そして解放後の在日朝鮮人女性の生活と実践、女性たちの生活を守る闘いを振り返ります。

●日時:2015年9月26日(土)14時~17時(夕食会17時15分~)
●集合:13時45分 南北線・都営大江戸線「麻布十番」駅2番出口(※地上に上がってください。)
●参加費:アジア女性資料センター会員・学生1000円、一般1200円
●夕食会参加費:2000円(希望者のみ)※夕食会では、純豆腐(スンドゥブ)専門店の「田舎家」にてお料理を食べながら韓国料理にまつわる女性の歴史について金富子さんにお話いただきます。
●お申し込み方法
①お名前②ご連絡先③夕食会への参加可能か否かを下記のお申し込み先までご連絡ください。

●金富子(キム・プジャ)さん(東京外国語大学教員)
日本で生まれた韓国籍の在日朝鮮人2世。専門はジェンダー論・ジェンダー史、植民地期朝鮮教育史、在日朝鮮人女性史。研究領域に留まらず、日本軍「慰安婦」問題の解決のために、様々な運動を展開(VAWW-RAC共同代表、「慰安婦」専門サイトFight for Justice運営委員)。

【お申し込み・問い合わせ】
主催団体:特定非営利活動法人アジア女性資料センター
E-mail:ajwrc@ajwrc.org
TEL:03-3780-5245
FAX:03-3463-9752
ホームページ:http://ajwrc.org

※第2回と第3回は、それぞれ日系移民女性、労働する女性をたずねるフィールドワークを企画しています。こちらもお楽しみに!

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

資料館