イベント

(5/22)総会記念イベント 私たちは新自由主義をどう生き延びるか

2016/05/16

気がつけばいま、私たちは昨日とまったく異なる世界に置かれています。

日本はとっくに「アジア唯一の先進国」ではなくなりました。そんな現実を覆い隠すように、マスメディアでのキャスターおろしやNHKの会長人事などの報道管制が敷かれ、日本社会は外からの情報がほとんど入らない内向きの社会になってしまいました。

女性たちの状況も変わりました。

目隠し状態の中で、私たちは「女性の活躍」を旗印に、「市場で闘って勝つ」ことを奨励され、一方で本当に活躍するために不可欠な社会保障の支えは「財政難」を理由に削られ続けています。そんな新自由主義的な状況にさらされつつ、私たちは同時に「日本を取り戻す」へ向けた国家の道具として、一人当たり1・8の目標値まで示されて出産を奨励され、削られ続ける社会保障の穴を埋めて、家庭でも「活躍」を余儀なくされてもいます。こうした中で、負荷に耐えられない多くの女性たちが、雪崩を打って貧困へ向かっています。

このような状況は、パターンこそ違え、さまざまな国・地域の女性たちが直面していることです。にもかかわらず、外からの情報を遮断された私たちは孤立させられ、連帯感を削ぎ落され、「外国人家事労働者」問題に象徴されるように、厳しい状態に置かれた途上国の女性たちを利用することによって難局を切り抜けるよう強いられつつあります。

こうした壁を突き抜けるため、まずは私たちがいま、どのような状態におかれているのか情報を共有していきたい――2016年5月22日の総会イベントはそんな場にしていきたいと思います。会員の方もそうでない方も、お誘い合わせて、ぜひご参加ください。

スピーカー 竹信三恵子(アジア女性資料センター理事、ジャーナリスト、和光大学教員)
挨拶 2016年度アジア女性資料センター理事、事務局スタッフ

とき:2016年5月22日(日)15:00~16:30
場所:渋谷区女性センター・アイリス
(渋谷区文化総合センター大和田8F)
地図

参加費:一般 500円、アジア女性資料センター会員 無料
主催:アジア女性資料センター

【問い合わせ・お申し込み】
特定非営利活動法人アジア女性資料センター
E-mail:ajwrc@ajwrc.org
Tel:03-3780-5245 Fax:03-3463-9752
http://www.ajwrc.org/
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14-10-211

資料館