ニュース

世界の女性議員18.4%に/ルワンダでは過半数

2008/09/22

 9/19のUNIFEMの発表によれば、世界中の議会で女性議員が占める割合は平均で18.4%になることがわかりました。北京女性会議が開かれた1995年から7%の増加です。(日本の女性議員は2007年時点で9.4%にとどまっています。)
 UNIFEMの調査では、女性が一定の議席をとれるよう確保するクォータ制の有効性が明らかになりました。クォータ制をとっている国では2007年の選挙で19.3%が女性を占めたのに対し、こうした制度がない国では女性は14.7%にとどまっています。また女性議員が30%を占める22カ国のうち18カ国がなんらかのクォータ制をとっています。
 ルワンダでは、80議席のうち24議席を女性にわりあてるクォータ制をとっており、9月17日の下院議員選挙では、世界で初めて女性が議席の過半数を獲得しました。

September 19, 2008
U.N. Study Finds More Women in Politics
By NEIL MACFARQUHAR

資料館