ニュース

韓国:日本政府に戦時性奴隷制について公式謝罪と賠償求める決議を採択

2008/10/30

韓国国会は10月27日、本会議を開き、慰安婦被害者の名誉回復に向け、日本政府に公式謝罪と賠償を求める決議を採択しました。
 決議は、「1930年代から第2次世界大戦に至る間に、アジア・太平洋地域の女性を日本帝国主義軍隊の性奴隷化したことに対し、日本政府が被害者に公式謝罪するよう求める」としています。また、日本政府が反人権的犯罪行為について日本国内の歴史教科書で真実を十分に反映し、慰安婦被害者に被害賠償すること、日本の議会が関連法の制定を迅速に進めることを求めるとともに、これに向けた韓国政府の積極的かつ明白な役割を要求しています。
決議全文はこちらから

資料館