ニュース

2008年度やより賞・やよりジャーナリスト賞決定!!

2008/10/31

やより賞・やよりジャーナリスト賞決定!!

第4回 女性人権活動奨励賞(やより賞)贈呈対象者が、厳正な審査の結果、決定いたしました。
いずれも、厳しい状況の中に身を置きながら、これからの世界に必要な、重要な活動を担う意思をかためた女性たちです。

【やより賞】 Miho Kim 金 美穂(きむ・みほ)

プロフィール:(日本語訳)
福岡出身、在日朝鮮人三世。変わらぬ日本の植民地支配的アパルトヘイトの下で、分断された朝鮮の「落とし子(社会から忘れられた存在)」として育つ。愛と尊重ではなく、周囲の人間関係からと制度からの暴力と植民地化に、彼女のアイデンティティは、密接になじんできた。国籍を理由に13歳のときに日本で教育を受ける道を閉ざされた彼女は、親元を離れ、そして永久に日本での法的な地位を失った。金美穂は、現在カリフォルニアに拠点を置き、被差別日系
コミュニティにて特に女性たちの能力を構築し、責めを負うべき者たちに全面的に責任を取らせることにより植民地主義と軍国主義を解体し、全ての人々に集団的な癒しと、エンパワメントと、真の解放をもたらすべく活動している。

───────────────────────────────────

【やよりジャーナリスト賞】─ 今年度対象者2名です

大藪 順子(おおやぶ・のぶこ)
1971年大阪府生まれ。アメリカシカゴのコロンビア・カレッジでフォトジャーナリズムを学ぶ。大学卒業後アメリカ中西部の3つの新聞社の専属フォトグラファーを経てフリーに。自らのレイプ被害体験を元に、写真プロジェクト「STAND:性犯罪サバイバー達の素顔」を立ち上げ、男女70人近くの被害者を約2年かけてアメリカとカナダで撮影、取材。以来全米各地で写真展と講演活動を行い、アメリカ国会議事堂での性犯罪防止会議のパネリストも勤めた。現在全米性暴力調査センターの名誉理事。日本では2006年より毎年講演会、写真展を行う。2007年秋著書「STAND─立ち上がる選択─」を出版。夫と娘と共にアメリカ・ネブラスカ州在住。

現在、日本各地で写真展と講演会を開催中(08年10月25日~11月27日):http://www.wlpm.or.jp/forest/event/200810.htm

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山秋 真(やまあき しん) 
日本大学芸術学部卒。神奈川県出身。原発立地問題にゆれた石川県珠洲市とその関連裁判へ通い『ためされた地方自治─原発の代理戦争にゆれた能登半島・珠洲市民の13年』を上梓。珠洲市における草の根民主主義のうねりとともに、それまで表面化してこなかった原発用地工作の実態を描いた。原発問題の現地で日常生活がどんな影響をうけるかを、「よそ者」の「女性」である「わたし」の視点もいれながら具体的に伝えようと試みてもいる。実像を把握せずに未来を構想することはできない以上、「ここに皺がある」という声を生みだす力、それを聴く力こそ社会の生命線という見地から、社会の皺よせをこうむる人びとの声に耳を研ぎ澄ます活動を志向。

───────────────────────────────────

贈呈式はじめ、やより賞関連イベントをご案内します。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 やより賞2008 贈 呈 式 ─どなたもご自由にご参加ください
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
12月7日(日)午後2時より 早稲田奉仕園 AVACO内チャペル
地図 → http://www.hoshien.or.jp/map/map.html

やより賞・やよりジャーナリスト賞贈呈者によるスピーチほかを予定しており
ますが、プログラム詳細は追ってお知らせ致します。

 主催 NPO法人女たちの戦争と平和人権基金

━━━ 女性人権活動奨励賞(やより賞)とは━━━━
国際的な視野を持ち、女性や弱者の側に立ち続けたジャーナリスト、松井やよりさんの遺志と基金とによる活動です。2005年度よりスタート致しました。
彼女はこの奨励賞をとおし、厳しい状況の中で自らの意志を貫こうとしている女性たちや、自分の道を求めつつある女性たちを励ましたいと願っていました。
      (やより賞リーフレット─ごあいさつ─より)
────────────────────────────
女性人権活動奨励賞(やより賞)には、2つの賞「やより賞」と「やよりジャーナリスト賞」があります

やより賞
 21世紀を戦争と性差別のない世紀にするために、社会的弱者とされている人たちとともに、広くアジア地域を中心に草の根で活動を続ける、勇気と責任感のある女性アクティビスト、ジャーナリスト、アーティスト(あるいはその集団)がやより賞の対象です。ただし他薦を要件とします。
推薦された方々から1名(または1団体)が選ばれ、奨励賞と奨励金50万円が贈られます。

やよりジャーナリスト賞
 日本を含む世界の女性たちが置かれている状況に光を当て、性差別や不平等をなくすための活動を、ジェンダーの視点に立って生き生きと発信する女性ジャーナリスト、アーティスト(あるいはその集団)がやよりジャーナリスト賞の対象です。映像、著作・印刷物等、表現ジャンルは問いませんが、実績作品を提出していただきます。
1名または複数名が選ばれ、奨励賞と奨励金総額50万円が贈られます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性人権活動奨励事業(やより賞)事務局
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14-10 渋谷コープ211
TEL: 03-3780-5245 FAX: 03-3463-9752
E-mail: info-award@ajwrc.org
URL: http://www.wfphr.org/yayori/

資料館