ニュース

ソマリア:イスラム主義勢力が女性を公開処刑

2008/10/31

ソマリアのキスマユを支配しているイスラム主義武装勢力アルシャバブが、「姦通」罪に問われた23歳の女性 Asha Ibrahim Dhuhulowさんを、数百人の人々が集まる広場で公開の石打刑により殺害しました。アルシャバブは、2006年に政府軍の反撃によりモガディシ
ュを追われた後、今年8月からキスマユを支配、タリバーンのようなイスラム原理主義政治を強制しています。
 目撃者に拠れば、Ashaさんは首から下を土に埋められ、石を投げつけられて殺害されました。彼らは、Ashaさんが死んだかどうかを確かめるため、彼女の体を3回も穴から引きずり出したといいます。さらに、Ashaさんの親戚が駆け寄ろうとしたところ、見張りの兵士が発砲し、子どもがひとり殺害されました。
 石打刑に反対するグローバルキャンペーンは、処刑を批難し、ソマリア政府に対し事件の調査を行うこと、アルシャバブの責任者および処刑の参加者を処罰することなどを要求する声明を発表しました。

The Global Campaign to Stop Killing and Stoning Women!
http://stop-stoning.org/node/412

資料館