ニュース

アフガニスタン:女子校に3度目のガス攻撃

2009/05/15

アフガニスタンの首都カブールの東北カピサ州にある女子学校で、朝礼のために集合していた生徒や教師たちがガス中毒のために倒れ、病院に運ばれる事件が起きました。約90人の犠牲者のほとんどが8歳~12歳の少女で、少なくとも5人が意識不明の重態です。
これはアフガニスタンの女子校に対する3度目のガス攻撃で、タリバーンは否定していますが、女子を就学させまいとする武装勢力によるテロ攻撃と考えられています。

AFGHANISTAN – GIRLS TARGETED IN THIRD SCHOOL GAS ATTACK
By Jerome Starkey in Kabul
13 May 2009
Militants blamed after 90 pupils poisoned in third attack on girls’school in three weeks.

資料館