ニュース

韓国:大邱市議会で「慰安婦」問題解決を求める決議採択

2009/07/24

7月24日に韓国の大邱(テグ)市議会で、日本軍「慰安婦」問題解決を求める決議が採択されました。すでに韓国国会では同趣旨の決議が採択されていますが、日本の各地方議会での意見書可決に力を得て、韓国でも各地方からも声をあげることにより、日本に対して及び腰の韓国政府に積極的な外交を要求する活動が進められてきたとのことです。

日本軍慰安婦問題解決を求める大邱市議会決議

主文
大邱市議会は、第2次大戦を前後した日本帝国主義軍隊によってほしいままにされた反人権的な日本軍「慰安婦」(日本軍性奴隷制)について、この間国連人権委員会・国際労働機構・アムネスティインターナショナル・米下院などから数次にわたり日本政府に勧告が出されたが、日本政府はこれに公式的な謝罪はもちろん、一切の責任ある姿勢をとっていないことに対し、深刻な憂慮の意を表し、日韓間の過去問題の正しい解決は、今後両国間の友好協力にも一助になるだろうと信じ、次のように決議する。

1.大邱市議会は、日本軍慰安婦被害者の名誉回復のため、過去に日本帝国主義によってほしいままにされた日本軍慰安婦に対する日本国国会および政府の公式認定と公式謝罪を求める。

2.大邱市議会は、日本軍慰安婦被害者に関する真相究明のための日本国の公式機構設置および、これを通じ日本帝国主義軍隊によってほしいままにされた反人権的・反人類的な日本軍慰安婦に対する徹底した真実究明を求める。

3.大邱市議会は、日本軍「慰安婦」問題の日本国の真実究明を通じ、過去を反省して犯罪に対する真相を歴史教科書に記録し、恥ずべき歴史を繰り返さないことを求め、法制定を通じ被害者が受け入れられる法的賠償を求める。

4.大邱市議会は、韓国政府が日本軍慰安婦問題解決のための請求権協商など、対日外交協商を積極的に履行することと、日本軍「慰安婦」の名誉と人権を回復することに、最善を尽くすことを求める。

資料館