ニュース

締め切り迫る!! 第5回 女性人権活動奨励賞「やより賞 2009」

2009/08/04

平和を希求し、女性と弱者の側に立ち続けたジャーナリスト、松井やよりさんの遺志に基づく「やより賞」の候補者を推薦頂く季節です!
お心当たりのある方、どうかお早めに!! お問い合わせ歓迎です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第5回 女性人権活動奨励賞「やより賞 2009」……8月31日締切り!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女たちの戦争と平和人権基金の事業の1つ、女性人権活動奨励賞(やより賞)公募締め切りが迫ってまいりました。

  ・推薦締め切り 8月31日 
  ・選考結果発表 10月30日 
  ・ 贈呈式・記念シンポジウム 12月13日

<やより賞>
●他薦のみ受け付け。推薦書類と参考資料を全て英文にてご提出いただきます。
提出物の返却には応じられませんのでご注意ください。

21世紀を戦争と性差別のない世紀にするために、社会的弱者とされている人たちとともに、広くアジア地域を中心に草の根で活動を続ける、勇気と責任感のある女性アクティビスト、ジャーナリスト、アーティスト(あるいはその集団)がやより賞の対象です。やより賞は、これからの活躍を期待して、特に若い世代に注目します。他薦を要件とします。推薦された方々から1名(または
1団体)が選ばれ、奨励賞と奨励金50万円が贈られます。(対象者・グループが東京で行われる贈呈式に出席するための、渡航費および滞在費は、原則として女たちの戦争と平和人権基金が負担します)

広くアジア地域から、多くの女性たちの推薦や応募を頂きたいと願っています。
どうか、皆さまの関わっていらっしゃる様々な分野で、「やより賞」の候補となる方々をご推薦下さい。

<やよりジャーナリスト賞>
●自薦・他薦を問いません。推薦書類と参考資料を全て日本語でご提出いただきます。映像、著作・印刷物等、表現ジャンルは問いませんが、実績作品を提出していただきます。提出物の返却には応じられませんのでご注意ください。

日本を含む世界の女性たちが置かれている状況に光を当て、性差別や不平等をなくすための活動を、ジェンダーの視点に立って生き生きと発信する女性ジャーナリスト、アーティスト(あるいはその集団)がやよりジャーナリスト賞の対象です。日本語圏に向けて積極的に発信していく意志を条件とし、言語表現は日本語のみを対象とします。高い評価が確立している実績よりも、今後の活躍の可能性に強く注目します。
1名または複数名が選ばれ、奨励賞と奨励金総額50万円が贈られます。

応募要綱などはHP http://www.wfphr.org/yayori/
にてダウンロード出来ます。また、リーフレットも準備しておりますので、必要がある方は事務局にご請求ください。

NPO法人女たちの戦争と平和人権基金
女性人権活動奨励事業事務局 
───────────────────────────────────
NPO法人女たちの戦争と平和人権基金 女性人権活動奨励事業事務局 
150-0031 東京都渋谷区桜丘町14-10 渋谷コープ211
アジア女性資料センター内
Tel 03-3780-5245 Fax 03-3463-9752
Email: info-award@ajwrc.org

資料館