ニュース

横浜市:「つくる会」主導の歴史教科書を採択

2009/08/05

横浜市教育委員会は8月4日、歴史修正主義グループ「新しい歴史教科書をつくる会」の主導で編集された自由社版の歴史教科書を、市内18区のうち8区(港南、旭、金沢、港北、緑、青葉、都築、瀬谷)の市立中学校で使用する教科書として採択した。145校のうち71校で使用されることになる。
自由社の教科書は、「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーらが執筆したもので、扶桑社が発行する中学歴史教科書と記述の約8割が共通しており、過去に日本が行った戦争を美化・正当化している点も同じだ。
今田忠彦委員長は、前回の05年の採択の際、ただ1人、同じ「つくる会」主導で編集された扶桑社版について「自国を愛し、繁栄と平和を図る上で効果的」と絶賛していた。その後、他の5人の委員は退いたが、今田氏だけが残り、2006年7月に教育委員長に選ばれた。委員長を含む教育委員6人は、中田宏・横浜市長が市議会の同意を得て任命している。

この採択に対する抗議先は以下のとおり。

【宛名】横浜市教育委員会委員長 または以下の教育委員
    横浜市教育委員長  今田 忠彦
     委員長職務代理  小濱 逸郎
        教育委員  吉備 カヨ
         〃    野木 秀子
         〃    中里 順子
         教育長  田村 幸久
【住所】〒231-0017横浜市中区港町1-1

【電話・FAX】
(教育委員あて)  教育委員会総務部総務課
          電話  045-671-3240
          FAX 045-663-5547
(教科書採択担当) 教育委員会小中学校教育課
          電話  045-671-3265
          FAX 045-664-5499
(公聴担当)    教育委員会教育政策課
          電話  045-671-3243
          FAX 045-663-3118

■関連記事
◆「子どもと教科書全国ネット21」事務局長談話
◆「つくる会」教科書検定合格に対するNGO共同アピールを発表(2009/4/14)

資料館