ニュース

CEDAW:タリバーンとの交渉に女性の権利保障を

2010/02/21

アフガニスタン政府やアメリカ軍が、軍事攻撃の一方でタリバーン指導者との交渉による解決を模索していることについて、女性差別撤廃委員会(CEDAW)は2月5日、タリバーンとのいかなる交渉においても、女性の人権が守られることが保障されなければならないと指摘、交渉過程から女性の代表が除外されていることに懸念を表明しました。
CEDAWはアフガニスタン及び支援国に対し、人口の過半数を占める女性の参加が、和平交渉に関する意思決定のあらゆるレベルにおいて確保されなければならず、女性たちの視点と能力が、永続的平和のために不可欠であると指摘しています。また、アフガニスタン政府に対し、女性に対する差別的な法の是正も求めています。

Afghanistan: any agreement with the Taliban must include women’s rights – UN experts’ body

資料館