ニュース

「UN Women」ついに誕生へ!

2010/07/05

7月2日、第64会期国連総会で、女性・少女の権利促進のための新しい国連機関、「UN Women」を設置する決議が全会一致で可決されました。4年間の国際キャンペーンがついに実を結びました。

現在、国連にはUNIFEMやINSTRAWなど、ジェンダー平等の分野で活動する4つの機関がありますが、いずれも十分な資源や強力な権限をもたないため、女性の権利をより強力に促進していくために、これら4機関を統合し、強力な独立機構を作ることが議論されてきました。

新しい機関の正式な英語名称は、United Nations Entity for Gender Equality and the Empowerment of Women、略して「UN Women」と呼ばれることになる予定です。

バンキムン国連事務総長は、これを「歴史的」決議とたたえ、「今後、女性や少女が直面している問題を、国際社会が無視したり、必要な行動をとらないことは、非常に難しくなるだろう」と述べました。

国際NGOの「GEARキャンペーン」を率いてきたシャーロット・バンチさんは、これまでは設置に力を注いできたが、今後は、新機関が目標を達成するのに必要な、十分な金銭的人的資源を確保できるよう、各国政府にはたらきかけていくと話しています。

関連情報
◆国連のプレスリリース
http://www.un.org/News/Press/docs//2010/ga10959.doc.htm
◆GEARキャンペーンのプレスリリース
http://www.gearcampaign.org/news_events/uncategorized/un-women-born-civil-society-celebrates-creation-of-gender-equality-entity-after-four-years-of-advocacy/

資料館