ニュース

UN Womenのトップに前チリ大統領バチェレ氏が決定!

2010/09/15

国連の新ジェンダー平等機関「UN Women」のトップに、前チリ大統領のミシェル・バチェレ氏が決定しました!

「UN Women」は7月2日の国連総会で設置が決まった国連の新しいジェンダー平等機関で、UNIFEM、INSTRAW、OSAGI、UN-DAWという既存の4つのジェンダー関連機関を統合して、より強力な権限と資源を備えた独立機関とするものです。

バチェレ氏はチリで初の女性大統領となり、任期中は女性の地位を向上させる様々な社会改革を推進しました。退任後はUNIFEMで、大地震にみまわれたハイチの女性たちの保護活動を行ってきました。

新機関設置をはたらききかけてきたNGOの国際GEARキャンペーンは、「彼女こそはわれわれが最良と思ってきた候補者。UN Womenが効果的な機関となるための優れた資質を備えている」とバチェレ氏の任命を歓迎するコメントを出しました。

新機関の正式発足は2011年元旦に予定されています。
国際NGOキャンペーンは、新機関が必要十分な金銭的・人的資源を確保できるよう、各国政府の協力をよびかけています。

【国連のプレスリリース】
Former Chilean President to Head New High-Profile United Nations Women’s Agency – UN Women


【GEAR キャンペーンのプレスリリース】

【UN Womenのウェブサイト】

資料館