ニュース

フランス:ブルカ禁止法成立

2010/09/17

フランス上院で9月14日、イスラム教徒の女性が顔や全身を覆うタイプのヴェールの着用を禁止する法案が、反対わずか1票と圧倒的多数で可決されました。この法案は7月に下院を通過しており、来年初めにも施行される見通しです。

この法律は、あらゆる公共の場所において、顔を覆うタイプのブルカやニカーブの着用を禁止するもので、違反者には150ユーロの罰金または「フランス市民権に関する講習」が科せられるほか、女性にブルカやニカーブの着用を強制した男性には3万ユーロの罰金刑または1年以下の禁固刑が科せられます。

同様の法律はベルギーなどでも成立しており、治安上の懸念もよく理由に挙げられていますが、フランスの場合は、提案者たちは主に、ブルカが女性の尊厳を損ね、フランス市民社会の原則にそぐわないことを理由に挙げていました。

しかし、フランスの500~600万人のイスラム教徒のうち、ブルカやニカーブをつけている女性は2000人程度にすぎず、反対派は、このような法律は、むしろマイノリティの女性の権利を抑圧することになると主張していました。

【報道】
●フランス:ブルカ禁止可決 来年初めにも施行(毎日)
●France: Senate votes for Muslim face veil ban (The Guardian)

資料館