ニュース

被災地の女性相談ホットラインがスタート

2011/04/13

4月10日から被災女性のための電話法律相談パープル・ホットラインがスタートしました。

0120-941-826(24 時間対応)

■取り組む事業
① 24 時間のフリーダイヤルによるホットライン
 (パープル・ホットライン)
② ホットラインからつながった当事者の希望に沿った「同行支援」
③ 一時避難のためのシェルター提供
④ 避難所における相談活動・同行支援
⑤ 全国的な暴力の防止に向けた情報提供と啓発活動

■ パープル・ホットライン
・相談員はボランティアです
・対象とする相談内容
*DV、レイプ、セクシュアルハラスメントなど女性に対する暴力被害
*被災された女性たちの相談全般
 (避難所でお困りのこと、妊娠出産にかかわる体調のことなど)
*子どもの虐待に関すること
*セクシュアルマイノリティの方の相談
 (転送で、セクシュアルマイノリティ支援団体につなぎます)
*外国籍女性の相談
 (各言語対応を用意し、転送で担当言語につなぎます)
 英語・中国語・ハングル・タガログ語・タイ語・ポルトガル語 対応予定。
*法律的な相談
(ホットラインがまずご相談を受け、ご希望があれば相談員が相談者と弁護士を仲介し、火曜日と木曜日午前10 時~12 時、午後1 時~5 時まで、転送で直接つなぎます)
*労働に関する相談
 (派遣切り、解雇などのご相談は地域の労働組合等へもつなぐ)
※転送の場合、相談者には通話料は発生しません
*シングルマザーの相談
 毎週火曜日10 時~21 時、木曜日10 時~17 時はNPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむのホットラインと共同で実施となります。
 「パープル・ホットライン」にかけていただくと、ガイダンスが流れ、女性・シングルマザー全般の相談を選ぶことができます。

■ ホットラインからつながった当事者の希望に沿った「同行支援」など
・ホットラインで電話相談以外の支援のご希望があった場合、電話を受けた相談員が地域の支援団体と連絡を取り、各種手続きをサポートします。
・ご希望がある場合、関連機関等と連携してシェルター提供をします。
・支援連携団体がない地域について、医療機関・警察・災害本部・
地方自治体・裁判所・弁護士事務所など関係機関へつなぐ必要がある際に相談者の希望があれば相談員が地域を問わず相談者に替って電話等で説明にあたります。

主催:日本弁護士連合会とNPO法人全国女性シェルターネットとの共催

資料館