ニュース

アジア農村女性連合(ARWC)が原発廃止をもとめる声明

2011/04/28

アジア地域の農村女性たちの国際団体である「アジア農村女性連合(ARWC)」が、日本の原発事故とエネルギー政策について声明を出しました。

福島原子力発電所および世界中の原子力発電所の廃炉(閉鎖)を

アジア農村女性連合(ARWC)決議(2011年3月30日、インド・チェンナイ「女性の抵抗100年:権利、エンパワメント、解放」会議で採択)

東日本を襲った地震と津波がもたらした悲劇は国際的な結束を高めることになった。福島発電所における核の危機はどうやら制御下になく、放射能の脅威は続くだろう。私たちは原子炉を抑制する作業に従事して被曝した人々、また被曝の結果を引き受けざるを得なくなるかもしれない人々のことを懸念している。

原子力発電は、気候変動議論において、化石燃料にとって代わる安全でクリーンなエネルギーであるという誤った前提のもとに推進されてきた。アジアでは、タイやインドネシア、ミャンマー、フィリピン、インドなど様々な国が、原子力発電所の建設に興味を示している。インドでは、ジャイタプールに原子力発電所の建設が計画されており、地元住民が強い懸念を表して抵抗している。フィリピンではバターンに原子力発電所が建設された。

これは、開発政策における中央-周辺、地方-都市の間の格差問題である。地方や主要都市近郊に建設される原子力発電所のような危険施設は、地域の人々の生命を危険にさらし重荷を負わせている。原子力発電所によって生み出された電力は、産業成長と経済成長を促進し、いくばくかの人々の物質的ライフスタイル、世界における覇権の推進のために使われているが、それは、地方の人々に負担を負わせることで維持されているのである。

産業界における政策決定および雇用は男性を優先するもので、経済的能力と自律における男女間格差を押し広げ、社会における家父長制を強化している。グローバル経済構造下で推進されている社会サービスの削減および民営化は、特に自然災害や病気の蔓延、汚染被害といった危機状況において、農村地域の女性を弱い立場に追いやっている。女性のリプロダクティブヘルス、特に妊婦や胎児、子どもたちは、チェルノブイリでの経験からも明らかなように、もっとも影響を受けやすい。また、原子力発電所に反対する地域コミュニティは、攻撃や強制退去、移住のリスクにもさらされやすい。

国際女性デー100周年を記念してチェンナイに集った私たちは、原子力発電所に反対する日本とジャイタプールの人々への支援を表明する。私たちは日本政府に対し、福島および日本中の全ての原子力発電所を閉鎖するよう求める。またインド政府に対し、ジャイタプールにおける原子力発電所計画の断念を強く要求する。フィリピン政府に対しては、バターン原子力発電所の再開計画を破棄するよう強く求める。そして、原子力発電所を有する、または計画しているすべての国々に対し、閉鎖もしくは支援中止を要請する。これらの原子力発電所は、不必要な危険と恐ろしい結果をもたらす可能性がある。ARWCは各国政府に対し、放射線モニタリングを拡大し、放射能汚染によって引き起こされる可能性のある影響を阻止あるいは少なくとも緩和するための予防措置をとるために、直ちに資源を投入し、実行するよう要請する。

ARWCは同時に、原子力発電と同じくらいに有害なエネルギー利用のためのバイオ燃料(農産物から作られる燃料)生産および単一作物栽培を拒否する。これらは地元のコミュニティと健康、環境に深刻な影響を与えている。ARWCは、現在のエネルギー消費レベルの削減とともに、持続的で安全で適切な複数のエネルギー資源開発の必要をあらためて強調したい。それこそが、悪化し続ける世界気候危機を改善するための基本的そして優先的な政策とされるべきだ。ARWCは、各国政府および国際社会に対し、開発政策、エネルギー政策、気候変動政策における計画、実行、モニタリングのあらゆる側面において、農村女性および先住民族女性の完全かつ意味ある参加を高め、保証することを要求する。

アジア農村女性連合(ARWC)

Asian RuralWomen’s Coalition (ARWC) Resolution
Adopted on 30 March 2011 in Chennai, India
During the Conference on 100 Years of Women’s Resistance: Rights, Empowerment and Liberation
Decommission the Fukushima nuclear plants and nuclear plans all over the world

The tragic events caused by the earthquakes and Tsunami hit the eastern part of Japan raised international solidarity. The nuclear crisis at Fukushima plants is apparently not under control and continues to be a radiation threat. We are concerned about the people who have been exposed by the radiation in engaging in the operations to suppress the reactors as well as people who might have to shoulder the consequences of radiation exposures.

The nuclear power has been promoted with the false assumption that nuclear is safe and clean alternative energy to fossil fuel in the climate change talks. In Asia, various countries have expressed their interest in building nuclear plants including Thailand, Indonesia, Burma, the Philippines and India. In India, the nuclear power plants were planned to be built in Jaitapur, which has been raising strong concerns and protest among the local people. The Philippines has built a nuclear power plant in Bataan.

This is an issue of central-peripheral, rural-urban disparity in development policy. Hazardous establishments such as nuclear power plants are built in rural or outskirt of capital cities, putting the risks and expenses on the lives of people in those areas. The power generated by the nuclear plants is used to promote industrial and economic growth, materialistic life style of some people and the hegemonic power in the world, which has been maintained at the expense of people in rural areas.

Policy-making and employment in those industries are male-dominated, which widen the gaps in economic capacity and autonomy between women and men and strengthen the patriarchal system in society. Budget cuts in and privatisation of social services, which has been pursued under the global economic framework, make women in rural areas vulnerable particularly in the crisis situations such as natural disaster, disease outbreaks and exposure to the pollution.

Women’s reproductive health particularly pregnant women, fetus and children are the most affected as experienced in Chernobyl. Communities who protest the nuclear plants at the local area are also vulnerable to attacks, displacement and dislocation.

We, Asian Rural Women’s Coalition (ARWC) gathering in Chennai to commemorate 100th international women’s day, express our support for people in Japan and Jaitapur in protesting the nuclear plants. We urge the government of Japan to decommission all nuclear plants in Fukushima
and across Japan. We urge the government of India to give up the plan to build the nuclear plants in Jaitapur. We urge the government of the Philippines to junk the efforts to revive the Bataan nuclear power plant. We urge all countries which have existing nuclear plants or have plans to operate to decommission and stop supporting these plans, as these would expose us to unnecessary risks and potentially horrendous consequences. The ARWC calls on governments to expand its radiation monitoring, immediately mobilise resources and implement precautionary measures to prevent or at least mitigate the potential effects of radioactive contamination.

The ARWC, at the same time, rejects the equally destructive agro-fuel production and monocropping for energy which have serious impacts on local communities, health and the environment. The ARWC reiterates the need to reduce current level of energy consumption in society and build sustainable, safe and appropriate sources of energy, which should be the fundamental and priority policy to mitigate worsening global climate crisis. The ARWC calls on
governments and international community to increase and ensure full and meaningful participation of rural and indigenous women in planning, implementation and monitoring of all aspects of development, energy and climate change policies.

Asian RuralWomen’s Coalition (ARWC)
www.asianruralwomen.net

資料館