ニュース

米軍:5年間で暴力的な性犯罪が倍増

2012/02/07

1月に公表されたアメリカ陸軍の報告書によれば、2006年から2011年までの5年間に、兵士による暴力的な性犯罪が、90%増と、ほぼ2倍に増えたことが明らかになりました。その多くはアメリカ国内で発生しています。

軍人による性暴力は、6時間40分に1件と、民間人にくらべてかなり高い率で発生しており、背景には戦争によるストレスやPTSDがあるのではないかと見られています。同報告書によれば、PTSDを抱えている兵士は、女性のパートナーに対し、そうでない兵士の3倍程度も暴力的にふるまうことも明らかになっています。

兵士による児童虐待やドメスティックバイオレンス(DV)についても増加が見られ、2006年からの5年間で、児童虐待は43%、DVは30%以上、また、アルコールに関連した犯罪は54%増加したとのことです。

【報道】
Reuters (1/19)Violent sex crimes by U.S. Army soldiers rise: report
Huffington Post (1/20) U.S. Army: Sex Crimes By Soldiers Up 97 Percent In Five Years

資料館