ニュース

パキスタン:14歳の少女活動家をタリバーンが銃撃

2012/10/12

少女が教育を受ける権利を主張し、イスラム原理主義勢力を批判するブログで知られていた14歳の少女、マララ・ユスフザイさんが10月9日、パキスタン北西部のスワート渓谷ミンゴラで、下校途中にタリバーンに銃撃されました。報道によれば、犯人は、下校する女子生徒たちを乗せたスクールバスを停車させ、子どもたちに「マララ・ユスフザイはどれか」と尋ねた後、銃を発射しました。マララさんは頭と首を撃たれ重体、別の少女2人も銃撃を受けて負傷しました。

マララさんは11歳の時、女子教育に反対するタリバーンの暴力的な支配下における暮らしについて、イギリスBBCのブログにペンネームで日記をつづり、注目を集めました。マララさんは、タリバーンが2009年にスワート渓谷から駆逐された後に初めて本名を明かし、その勇気ある活動を評価されてパキスタン平和賞を受賞、国際的な子ども賞にもノミネートされました。

マララさんはその後も家族の支援を受けて活発に発言を続け、最近も「タリバーンの攻撃は怖い」としながらも、自らの権利を守るために立ち上がろうと同世代の少女少年たちによびかけ、政治家になる夢を語っていました。タリバーンの報道官は事件後の声明で犯行を認め、「彼女は若いが、反タリバーン、親欧米派だ」と述べ、マララさんが襲撃を生き延びても再び攻撃すると話しました。

マララさんは病院で弾丸の摘出手術を受け、危機を脱したとの報道もありますが、パキスタン政府は今後、国外での治療の可能性も検討したいとしています。

【報道】
ロイター(10/10)パキスタンでタリバン批判の14歳少女、下校途中に銃撃され重傷
CNN(10/11)Attack on teen blogger consumes Pakistan

資料館