出版・発行物

「女たちの21世紀」No.41[特集]人身売買-誰にとって、何が問題なのか

2013/01/08

「女たちの21世紀」No.41[特集]人身売買-誰にとって、何が問題なのか2005年2月発行
単価 : ¥1,000 (税込・送料別)
こちらの商品は売切れにつき、コピー販売となります。ご了解のうえご注文ください


数量 :



「対テロ戦争」への協力を背景に、やや拙速に準備された政府の人身取引対策。誰にとって何が問題とされているのでしょうか。グローバル化と移動、性の商品化といった根本的な問題を視野に入れて、私たち自身が人身売買問題とは何かを再定義し介入していくための手がかりとなる論考や情報を集めました。

もくじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【特集:人身売買――誰にとって、何が問題なのか】

巻頭言「人身売買」――誰にとって、何が問題なのか・・・本山央子

《人身売買とは何か》
グローバル化と経済格差、移住労働の女性化と人身売買・・・稲葉奈々子
人身売買をめぐる国連の動きと日本政府の取り組み・・・清末愛砂
人身売買と武力紛争、国連PKO・・・18

《送り出し国の事情と取り組み》
ネパール:「自己決定」に揺れる移住労働と人身売買の境界・・・田中雅子
カンボジア:人身売買に対する取り組みと立ちはだかる壁・・・甲斐田万智子
タイにおける人身売買対策・・・斉藤百合子

《性市場社会・日本をみつめる》
インタビュー:「HELP」から見えた「人身売買」の20年・・・東海林路得子

制度の枠組みをこえて―人権を基礎に―
芸能人証明書」をめぐる法務省令改正を考える・・・藤本伸樹
インタビュー:移住女性として日本に生きる・・・西本マルドニア
“セックスワーク”と“資格職業”のはざまに思う・・・鈴木水南子

【 国内女性ニュース】
・朗読舞台「ひまわり」ドメスティック・バイオレンスを乗り越えて…青木玲子
・「岡谷鋼機」賃金差別裁判判決・・・丹羽雅代
・昭和シェルの女性差別 2度目の提訴・・・柚木康子
・富士見産婦人科病院事件 事件から25年目で医師処分への動き・・・小西熱子
・埼玉の教育も危ない!教育委員に「つくる会」元副会長就任・・・坂本洋子
・国家暴力に抗う 続く辺野古のたたかい・・・浦島悦子
・石原都知事「ババァ発言」裁判に判決間近!・・・渡辺美奈
・「東京都を女たちが変える」キャンペーン発足・・・柚木康子
・「黄土の村の性暴力―大娘たちの戦争は終わらない」山川菊栄賞受賞・・石田米子
・NHKへの政治的圧力問題 長井さんに「こだま」する・・・米山リサ
・元「慰安婦」による全国同時証言集会「消せない記憶」―全国同時証言集会実行委員会

【海外女性ニュース】
スリランカ 津波被災支援にジェンダーの視点を
リベリア 内戦下での性的虐待 国民の3分の2に
コンゴ 国連平和維持軍による性的虐待
イラン 女性活動家解放される
グアテマラ 暴力の波の終焉を求めて
メキシコ 「消える女性たち」選択議定書による初の調査
コスタリカ イラク戦争合意は違憲 最高裁で判決
イラク 女性にとっての国民議会選挙とは
北朝鮮 北朝鮮女性の人身売買が急増
韓国 ハルモニの訃報
シェラレオネ レズビアン活動家殺害される
アイルランド 米軍機を「破損」した女性に執行猶予の判決

【スペシャル】
香港タイ・スタディツアー2004報告
インタビュー:国と国のはざまで、“ホーム”をつくる ホシノ・リナさん
セミナー 表象の暴力と女性たちの表現 Telling Herstories

【アジア女性資料センターから】
国連女性の地位委員会(CSW)NYで開催/つながってつくろう!暴力のない世界
報告/書籍紹介 など
タイ女性の友通信
町屋通信
ふぇみすぽ! 市民メディア・イコール

資料館