ニュース

ナイジェリア:集団誘拐された少女たちの解放で合意

2014/10/20

ナイジェリア政府は17日、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム(Boko Harama)」との間で即時停戦と、集団誘拐した少女たちの解放に合意したと発表した。

ボコ・ハラムは今年4月中旬、ナイジェリア北東部のボルノ州チボクで、女子校に通う少女たち200人以上を集団誘拐した。ボコ・ハラム指導者とみられるアブバカル・シェカウ(Abubakar Shekau)は事件発生後、「女子生徒たちは教育を受けることをやめ、結婚するべきだ」と話し、「私が誘拐した。娘たちを売り飛ばす」「人身売買の市場がある。アラーが私に売れと言っている」などと宣言していた。

実際に停戦と少女たちの解放が実現されるかは不透明であり、今後の動きを注視する必要がある。

【報道】
●BBC News AFRICA(10/17)Nigeria and Boko Haram ‘agree ceasefire and girls’ release’

【関連】
●ナイジェリア:少女200人以上が集団誘拐

資料館