ニュース

アフガニスタン:群集による女性リンチ殺人事件

2015/03/24

3月19日、アフガニスタンのカブールで27歳の女性が群集によりリンチ殺害された。

警察の説明によれば、女性は、ほとんどが男性であった群集に暴行され、身体に火をつけられ、その後カブール川に投げ入れられたという。いくつかの証言によれば、地元警察はこのリンチ事件をただ傍観していたという。

アシュラフ・ガニー大統領は、この殺人を「凶悪な襲撃だ」と批難声明を出し、当局は事件について調査を続けている。

数人のアフガン当局と宗教指導者は、彼女がコーランのコピーを燃やしていたとして、殺害を正当化する主張をしているという。しかし、内務省犯罪捜査局の責任者は、彼女がコーランを燃やしていたという証拠は見つかっておらず「全くの無実だ」と話している。

警察によると、事件に関与したとして18人が拘束され、殺害を止めるための十分な処置を行わなかったとして13人の警察官が停職処分となっている。

この件に対し、アフガニスタンのフェミニストやそのサポーターたちによる抗議行動が起きている。

【報道】
●The Guardian(3/22)Afghan woman beaten to death by Kabul mob is buried
●BBC(3/24)Afghan woman Farkhunda lynched in Kabul ‘for speaking out’

資料館