ニュース

中国:フェミニスト活動家が警察により拘束 5名は未だ釈放されず

2015/03/24

3月6日から7日にかけて、中国のフェミニスト活動家らが、中国の複数の都市で拘束されるという事件が起こった。

彼女たちは、中国国内の性差別問題に対して街頭パフォーマンスアートなどを活発に行ってきた若手フェミニストたちだ。アジア女性資料センターが発行する「女たちの21世紀」の大橋史恵さんによる連載コラム「中国フェミ的見聞録」にもたびたび登場している。

彼女たちは、国際女性デー(3月8日)に公共バスにおける痴漢(sexual harassment)への批判のパフォーマンスを計画していたことを理由として、捜査に入った警察に連行された。

10人の女性たちが逮捕され、その後5人は釈放されたが、残りの5人はいまだ拘留されている。

また、同月20日には釈放を求めていた16人が新たに拘留された。16人中15人についてはすぐに釈放され、残りの1人についても同日深夜に釈放されている。

現在も拘束されている5人について、釈放を求める署名や、拘束への抗議声明が発表がされるなど、世界中で抗議行動が広がっている。

詳細は釈放を求める支援者たちが立ち上げたfacebookページに詳しい。

“Free Chinese Feminists”FBページ

以下、釈放を求めるオンライン署名のリンク。ご協力を!
Sign to Urge Chinese Government to Release them Immediately!

資料館