ニュース

ナイジェリア:FGM禁止法案に大統領が署名

2015/06/03

2015年5月、ナイジェリアのグッドラック・ジョナサン大統領は、FGM(Female Genital Mutilation、女性性器切除)を違法とするFGM禁止法案に署名した。

これまでにFGMを受けたナイジェリア女性は1990万人以上と推定されている。アフリカの中で最も多くの人口を抱えるナイジェリアにおいて、この法案が通ることは重要なステップとなるだろう。

国際人権団体の” Equality Now”でFGM問題を担当しているMary Wandiaさんは、「女性や少女たちの利益になる決定を巨大な人口を抱えるナイジェリアが出したことは大変重要であり、リベリア、スーダン、マリなど、未だにFGMを違法としていない国々も即ナイジェリアに続いて欲しい」と話している。

【報道】
●The Guardian “Nigeria’s female genital mutilation ban is important precedent, say campaigners” (May 29 2015)
●International Bussiness Times “Nigeria Bans Female Genital Mutilation: African Powerhouse Sends ‘Powerful Signal’ About FGM With New Bill”(May 26 2015)

資料館