ニュース

映画『愛について、ある土曜日の面会室』

2012/11/09
来月公開の映画『愛について、ある土曜日の面会室』の試写会に行ってきました!

刑務所の面会室へとやってくる、いろんな事情をかかえた人たちを描いたフランスの若手女性監督の作品です。

映画では、恋人が逮捕されてしまった少女、まずしい生活に疲れ果てているところに怪しい取引をもちかけられる男、そして異郷の地で殺されてしまった息子に何があったのかを確かめにきたアルジェリア人の女性の、3人のエピソードが、交互に語られていきます。

特に心ひかれたのは、息子を失ったアルジェリア人の母親と、彼女と親しくなっていくフランス人女性のエピソードです。被害者の母親と加害者の姉という立場にひきさかれながら、悲しみによって結ばれている2人の姿が魅力的で、このエピソードだけでもよかったのではと思ってしまうくらい。無口で、あまり感情を表にあらわさないけれど、これまで生きてきた人生をしのばせるファリダ・ラウアッジの顔が、心に残ります。

映画のサイトはこちらから。
http://www.bitters.co.jp/ainituite/

資料館