出版・発行物

『あしたを拓く女たち』女たちの沖縄・広島スタディツアー報告

2009/02/06

『あしたを拓く女たち』女たちの沖縄・広島スタディツアー報告
単価:¥700(税込・送料別)


数量 :



[内容説明]
第9回、第10回スタディーツアー
沖縄、広島

目次
沖縄で考える・沖縄の女性たちと考える
「沖縄スタディツアー」2003年

沖縄ツアースケジュール
沖縄ツアーを終えて  丹羽雅代
女性たちの歩んだ道-沖縄の暮らし・歴史・文化  お話:宮城晴美
女たちのメディアジャック「うないフェスティバル」-ナイロビから沖縄へ、沖縄から北京へ流れをつくった「うないフェスティバル」  お話:源啓美
すぺーす結  お話:糸数貴子
基地・軍隊を許さない行動する女たちの会  お話:高里鈴代
強姦救援センター REICO  お話:高里鈴代

◆軍事基地巡りバスツアー
沖縄と米軍基地
普天間基地  
嘉手納基地から安保がみえる-戦争、暴力、反戦平和運動を喚起する場  
読谷基地巡り報告  
美沙石けん攻工房と仲西美佐子さんを訪ねて-目に見える小循環システムに生きる「本当の百姓」  

◆私が語るフェミニズムin沖縄 沖縄への思いとともに歩みつづけてきた63年間  お話:高里鈴代
珊瑚舎スコーレ  お話:遠藤知子

◆ミニシンポジウム 沖縄で・沖縄の女性たちと語る・考える
沖縄の脱基地経済運動  お話:安里栄子
基地と環境  お話:渡久地澄子
沖縄の「アメラジアン」  お話:狩俣信子
「やさい畑」で考えたこと  お話:照屋久子

◆南部戦跡巡りバスツアー
沖縄戦の実相を知る-平和祈念公園 
ひめゆりの塔・平和祈念資料館  
日本兵が支配した洞窟 轟の壕
参加者感想

-戦争・原爆・基地-
呉・「ヒロシマ」・岩国からジェンダーと軍事化を考える旅 2003年

”呉・「ヒロシマ」・岩国”スタディツアーを実施して  丹羽雅代
スタディツアースケジュール

原爆
原爆式典・原爆資料館・原爆碑巡り
証言を聴く  畠山裕子さん・室田秀子さん
在韓被爆者・元徴用工被爆者裁判支援  豊永恵三郎さん・夏原信幸さん
在韓被爆者  キム・イルジョさん証言

軍事基地
広島湾スタディ・クルージング2003
岩国基地 田村信玄さんの話
ジェンダーと基地暴力

ジェンダー
私が語るフェミニズムinヒロシマ  家族社 高雄きくえさん
女性の視点でヒロシマを描く  山口放送元ディレクター 磯野恭子さん
【特別掲載】私の「原爆の図」  加納実紀代さん

参加者からの声
 

資料館