ニュース

【ガザ】国連の学校に対する砲撃など

2009/01/07

ガザの死者数が600人を超えようとしています。
また、ジャバリヤキャンプ内の国連の学校に対する砲撃も
行われ、30人の死者が出ました。そのなかには子どもも含
まれています。

イスラエルは、学校を砲撃した理由として、そのなかに
ミリタントが隠れていたから、と言います。それはイスラエル
が学校や病院を砲撃したあとになされる、いつもの「言い訳」
です。何度聞かされてきたことか。避難民が集まっている
学校を砲撃対象にするとは信じがたいです。

ガザの病院でノルウェー人の医師が医療活動にあたっています。
彼に対するインタビュー映像がBBCに掲載されています。観る
勝ちがあります(英語ですが)。
非常に的確な答えが出されています。死者数に多数の市民が
含まれていること、そのなかには女性が子どもが多数含まれて
いること、医療品が足りないこと、今残っている医療品がそのうち
つきてしまうことなどなど。英語ですが、ぜひごらんください。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7812547.stm

資料館