イベント

2006/2/25~3/4 北米ベイエリア・スタディツアー

2005/12/21

[ 報告はこちら ]


 アジア女性資料センタースタディツアーで初めてアジア以外の国、アメリカを訪ねます。
 9.11以降、移民、有色人種、労働者への排斥、差別、抑圧が進むアメリカ。「強い国」であることを誇示するために軍事力を強化する政策は、女性のリプロダクティブ・ヘルス/ライツにも大きな影響を与え、社会福祉予算は削られる一方です。
 そのような中で、人々はどのように正義のための運動を繰り広げているのでしょうか。今回は特に女性運動、労働運動、“マイノリティ”の運動が盛んなベイエリア(サンフランシスコ、バークレー、オークランド)を訪れ彼女たちの運動に学びます。とくに「参加型教育」手法が進んでいるアメリカで実際にワークショップを経験したいと思います。
 また、演劇「The Vagina Monologues」を観賞します。このモノローグには「慰安婦」サバイバー女性の証言も含まれる予定です。ぜひご参加ください。

【日程予定】
2.25土
15:40成田空港発(NW28)→7:55サンフランシスコ着

2.26日
日中フリー 夜、The Vagina Monologues観賞(英語のみ)

2.27月~3.2木
女性に対する暴力、労働、健康に取り組む、特にアジア太平洋系アメリカ人のNGO訪問(調整中)

3.3金 12:05 サンフランシスコ発(NW27)→3.4(土)16:35成田着

期 間: 2006年 2月25日(土)~3月4日(土)6泊8日
参加費: 218,000円(予定)
定 員: 15名(性別は問いません!)

・会員でない方は、別途入会金8,000円が必要です。詳細はお問合せください。
・参加費用には、日本国内の空港への往復費用、海外旅行保険、個人経費は含まれていません。

資料館