イベント

2002/8/21-28 モンゴル・スタディツアー

2002/08/21

第7回アジア女性資料センター・女性スタディツアー
★社会変革を担うモンゴルの女性たちに出会う旅★

中央アジアのゴビ砂漠とシベリアの針葉樹林帯の堺に位置するモンゴルは、大自然に満ちた国です。その大自然の中で遊牧民たちが遥かな昔から変わることなく、素朴な生活を続けています。 しかし首都ウランバートルなどでは1988年以降の社会改革により、社会主義から市場経済への移行が急ピッチで進み、人々の生活が大きく変わっています。 教育もモンゴル語によって行なわれ、国民はロシアや中国からの経済・文化的自立、中央アジアにおける独立性の確保に努力しています。 そのような社会的変動の中で、モンゴルの女性たちは、民主主義への転換や男女平等に向けて、重要な役割を果たしています。 政治への参加や経済活動はめざましく、いくつものNGOを作って暴力の問題やマンホールチルドレンの問題にも取り組んでいます。
ツアーではモンゴルの社会や女性たちの置かれている状況を、歴史や現在から学びます。 社会変革を担っている女性たちのNGOを訪問して、彼女たちから学び情報や経験をシェアし、女性の連帯を深めます。
週末には遊牧民の住居ゲルに泊り、昼は馬で大草原を駆け巡り、夜は満天の星を眺めて宇宙の中の自分を感じるという欲張りなツアーです。センター代表の松井やよりもアドバイザーとして同行します。ぜひご参加ください。
   
学習のテーマ
● 女性たちの政治・社会参加
● グローバル化と女性への経済的エンパワメント
● 女性への暴力
● NGOで女性の果たす役割
● 遊牧民女性の課題

期 間:2002年 8月21日(水)~28日(水)7泊8日
参 加 費:26万円(予定)
定 員 25名(女性のみ)
申込締め切り 2002年7月10日(水)
*先着順で締め切ります。お早めにお申し込みください。
*参加費用に含まれないもの…成田までの往復費用、個人経費

●ツアースケジュール(案)
8/21 (水)
 13:30成田発(モンゴルエアラインOM502便)
 19:00ウランバートル着(ウランバートル泊)
8/22(木)オリエンテーション、市内見学(ウランバートル泊)
8/23(金)午前・午後 NGO訪問(ウランバートル泊)
8/24(土)市場見学後郊外の遊牧地へ (ゲル泊)
8/25(日)終 日 ホースバックライディングと牧民のゲル訪問 (ゲル泊)
8/26(月) 午後 ウランバートルへ NGO訪問
8/27(火) マンホールチルドレン支援見学 夜 モンゴルと日本女性交流会
8/28(水)08:00 ウランバートル発(モンゴルエアライン OM501便) 12:30成田着

●訪 問 先 予 定 (交渉中)
*プログラムは変更になることがあります。
下記NGOの中から6ヶ所ほど訪問予定です。
モンゴル女性連盟、社会進歩の女性会、モンゴル女性障害者連盟、反暴力全国センター、地域女性のためのエンパワメント基金、 持続可能な経済ジェンダー・センター、女性障害者協会 CEDAWウォッチ・ネットワーク・センター、モンゴル女性NGO全国ネットワーク 他

★お問合せ・お申込み先
アジア女性資料センター

資料館