イベント

2003/8/5~8 広島・スタディツアー

2003/08/05

― 戦争・原爆・基地 ―
呉・「ヒロシマ」・岩国からジェンダーと軍事化を考える旅

平和主義を掲げる憲法第9条のもとで、着実に進められてきた日本の軍事化。有事法3法が成立したいま、半世紀前の戦争は、世界で最初の被爆地「ヒロシマ」は、そして軍事基地は、どのように語られ、位置づけられようとしているのでしょうか。そこからは誰の声が排除されてきたのでしょうか?
国際的な反戦平和のシンボルとされてきた「ヒロシマ」は、一方では、つねに複数の語りのなかに置かれてきました。国家、市民、在韓被爆女性の異なる視点がせめぎあう8月6日の原爆忌、旧陸軍の大量毒ガス製造拠点だった「大久野島」、そして米軍の駐留する「岩国」、増強しつつある自衛隊基地をかかえる「呉」への旅を通して、ジェンダーの視点から歴史と現在を振り返り、日常の軍事化について考えます。高雄きくえさんによる「私が語るフェミニズム」など、現地で活躍する女性たちや平和活動家との交流も大きな魅力です。

期 間:2003年 8月5日(火)~ 8日(金)3泊4日
参 加 費:98,000円(予定)
*会員でない方は、別途入会金8,000円が必要です。詳細はお問合せください。
*参加費用には、羽田までの往復費用、個人経費は含まれていません。
*直接現地集合をご希望の方はご相談ください。
定 員:20名(女性のみ)
申込締め切り:2003年7月4日(金)
*先着順で締め切ります。お早めにお申し込みください。

——————-
ツアースケジュール
——————-
(スケジュールは受け入れ先等の都合により、やむをえず変更される場合があり
ます。)

8/5(火)
 10:00 羽田発 11:30 広島着
 岩国
 米軍岩国基地周辺見学
 女性運動家 磯野恭子さん、佐々木あけみさんのお話
 地元反戦・反基地活動家 田村順玄さんのお話

8/6(水)広島
 午前 記念式典、オプション地元主催の平和行動(ダイ・インなど)
 徒歩ツアー 平和活動家 藤井純子さんと「原爆遺跡・軍都広島フィールドワーク」
 広島平和記念資料館訪問 
 午後 被爆者の話を聞く
 畠山有子(ひろこ)さんのお話
 オプション地元主催の平和行動(人文字作り、灯篭流し)

8/7(木)広島・呉
 午前 地元平和活動家たちとともに行く広島スタディクルージング(江田島、呉、大黒髪島など米軍や日本自衛隊の軍施設を海から眺める)
 午後 渡日中、在韓女性被爆者のお話(予定)
 元三菱徴用工(朝鮮人)裁判、在外被爆者裁判についてのお話(予定)
 夜 公開講座「私が語るフェミニズム in 広島」講師 高雄きくえさん(「月刊 家族」編集者)

8/8(金)大久野島
 元毒ガス資料館長 村上初一さんとともに島をめぐる
 17:20 広島発 19:00 羽田着

資料館