アドボカシー・キャンペーン

ヒューライツ大阪への支援継続を求めるレター

2008/04/18

2008年4月18日
大阪府知事 橋下徹様
大阪府政策企画部人権室気付
FAX:06-6944-6616

ヒューライツ大阪への支援を継続してください

 私たちは、日本およびアジア地域の女性の人権問題に取り組むNGOです。これまで人身売買や開発、移住労働などに関わる「アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)」の活動には多くの示唆を受け、行政が人権を支えるあり方を実感し、励まされてきました。

ところが4月11日に発表された改革プロジェクトチームの「財政再建プログラム試案」で、ヒューライツ大阪に対する大阪府からの財政・人的支援について、2009年度以降、すべての支援を打ち切る方針がうちだされたことに、私たちは大きな衝撃を受けています。この方針が実行されれば、これまで国内外で高い評価を得てきたヒューライツ大阪の活動に、重大な支障が生じるものと思われます。そのような政策は、日本国内のみならずアジア・太平洋地域における市民社会と人権保護にも大きな痛手となり、大阪府に対する評価を著しく下げることになるでしょう。

アジア・太平洋地域の人権問題に関する深い理解と専門的知識を備え、他では見られない先進的先見的な活動をされてきたヒューライツ大阪の価値は、決して財政面からだけでは評価できません。大阪府が誇るべき社会資産としてのヒューライツ大阪の役割を多面的に評価し、今後も支援を継続されますよう、アジア・太平洋地域の人権団体のひとつとして、お願い申し上げます。

アジア女性資料センター運営委員・スタッフ一同

資料館