イベント

国境を越えて連帯する女性たち

2003/10/20

【国境を越えて連帯する女性たち】

講師:古沢希代子さん(恵泉女学園大学助教授)
日時: 2003年10月20日 月曜日 7pm~9pm
場所: 東京ウィメンズプラザ 第2会議室
参加費:会員700円 一般1,000円
*申込みは不要です。直接会場にお越しください。

国家間の緊張が高まり、「安全保障」の名のもとに軍事化ばかりが強調される中、私たち市民は何ができるのでしょうか?
東ティモールは四半世紀にわたって西側諸国の「親インドネシア政策」の犠牲になってきましたが、世界の市民はその不正義に声をあげ、問題の平和的解決に関与し続けました。
東ティモールにおける独立運動と女性の人権を’80年代から支援してこられた古沢希代子さんに、国境を越えた女性たちの連帯に焦点をあててお話をしていただきます。
古沢さんは、1999年の住民投票で東ティモール国際議員連盟の投票監視員をつとめ、今年の8月から東ティモール政府の男女平等推進局でリサーチアドバイザーをしています。
是非ご参加ください。

古沢 希代子さんの著書:
共著に、『ナクロマー東ティモール民族独立小史』(1993年、日本評論社)、『平和学の現在』(1999年、法律文化社)、『開発とジェンダー- エンパワーメントの国際協力』(2002年、国際協力出版会)、論考に、「東ティモール/「多元的和解」という課題」(アジ研「ワールドトレンド」2002年7月)、A Gender-Based Analysis of East Timor’s National Budget (Journal of Asian Women’s Studies, KFAW, Vol. 11, December 2002) など。また、大阪東ティモール協会発行の「季刊東ティモール」で「東ティモールにおける日本軍性奴隷制」を連載中。

資料館