イベント

海外コーステキスト最新刊から学ぶ開発とジェンダー

2002/09/26

2002年に出版されたばかりの’The Companion to DEVELOPMENT
STUDIES’ をコーステキストとして使用します。イギリスで出版されたばかりの本をセンターで取り寄せました!この本は、今後、イギリスの大学の学部・大学院のコーステキストとして幅広く使われていきます。それぞれのセクションでは、「開発とジェンダー」の理論をはじめ、近年この分野で注目されているホットな問題が取り上げられ、最新の調査研究も示されています。この分野で留学を考えておられる方で英語の基礎用語を覚えたい方はもちろん、途上国の開発問題、女性問題に興味があり、それらの問題の全体像を把握したい方にも最適のコースです。翻訳のプロが講師としてつき、英文読解も丁寧に指導します。

■期間:9月26日(木)~12月12日(木)/毎週木曜日、全12回
■時間:19:00~21:00
■場所:アジア女性資料センター 2階資料室
■参加費:30000円(会員24000円)
■講師:寺澤恵美子さん
(翻訳者。翻訳本を出版する傍ら、インタースクール英語翻訳講師、東京理化大学諏訪短期大学教養英語助教授などを歴任。当センターの「翻訳ワークショップ」でフェミニスト文学、’Oxfam Gender Training Manual’の翻訳講師を務めた。

■取上げるトピック(以下のトピックの中から、参加者のレベル、進度、希望に合わせてトピックを選んでいきます):

□Gedner Theories(開発におけるジェンダー理論)/WID(Women in
Development),GAD(Gender and Development),WAD(Women and Development).
□Women and the Sate(女性と国家)/States analysis winds up, State analysis winds down, States revisited: Democracy,Governance and Policies).
□Feminisn and Feminist Issue in the South(フェミニズムと南におけるフェミニストの課題)/Feminisn and the South?,Tensions and Resolutions: Organizing for Change?
□Gender, Families and Households(女性、家族、世帯)/Family and Household as Cultural Constructs, Gender Household Headship and Household Relations.
□Gender and Empowerment: New Thoughts, New Approaches(ジェンダーとエンパワメント:新しい思潮、アプローチ)
□Women in Global Economy(グローバル経済の中の女性)/Victims of the Global Economy, Women Transformed.
□Gender and Structural Adjustment(ジェンダーと構造改革)/Ideal Outcomes of Structural Adjustment Policies, Gender Awareness?, Empirical Critiques, Education, Health, Gender/Adjustment and Economics.
□Gender, Technology and Livelihoods(ジェンダー、テクノロジー、暮らし)/Poverty, Gender, Women and Livelihoods, Technology,Participation and Change.
□Women and Political Representation(女性と政治的代表)/Women in Political Institutions, Feminist Debates on Representation,Strategies for Increasing Women’s Representation.
□Fertility Control(生殖のコントロール)/Social Mechanisms and Population Regulation, Mechanisms of Fertility Regulation.
□Women,Children and Violence(女性、子ども、暴力)/Identifying Gender-based Violence, Trends in Gender-based Violence, Causes of Gender-based Violence, Identifying Violence Involving Children.

資料館