イベント

「北京+15に向けた世界の女性たちの課題と取り組み」

2009/11/11

「北京+15」に向けて

世界と日本、女性運動の課題は?


1995年に北京で開催された世界女性会議では、12領域にわたってジェンダー平等のための行動目標を包括的に合意した「北京行動綱領」が採択されましたが、その後、新自由主義グローバリゼーションの波と原理主義の台頭、アメリカを支配した保守政権のために、目標の多くは達成されず、新しい課題に対応するための世界女性会議も開かれていません。
しかし、世界そして日本の潮流は変わりつつあります。「北京の先」を目指して、アジアや世界の女性運動はどう動いているでしょうか。そして日本では、どう運動をすすめていくべきでしょうか。国際的な女性運動の動向を知り、日本で何をすべきかを、2回にわたって考えます。

第1回 11月11日(水)19:00~21:00
講師:原ひろ子さん
「北京+15に向けた、世界の女性たちの課題と取り組み」

第2回 11月25日(水)19:00~21:00
講師:竹信三恵子さん
「日本の『失われた10年』をとりもどすために何をすべきか?」

会場:いずれもアジア女性資料センター
参加費:各回1000円(アジア女性資料センター会員は700円)
お問い合わせ・お申し込みはアジア女性資料センター事務局まで

資料館