イベント

オンナとファッション

2002/12/10

アジア女性資料センター 2002年度 公開講座

ファッションという言葉であなたは何を連想しますか?
『オンナとファッション』

オンナっぽいデザイン。オトコの色。わたしたちは、なぜその服を着たいのでしょうか。
毎日身に付けるふくを通して、ジェンダーや年齢・人種・社会的地位などに関する、わたしたちの思い込みが見えてきます。ファッション界も、日本社会のジェンダーから無縁ではないのです。ファッションとは誰のためなのでしょうか。あなたのファッション、分析してみましょう!

【講師】
深町 純(フェミニスト)
1999年城西国際大学人文科学研究科女性学専攻修士号取得後、深町玲及び深町敬と共に合資会社「わおうえ」を設立。(私)を大切にする為にジェンダー・フェミニズムを日常生活の中でどう発揮/使用できるかを日々研究中。2002年3月よりラブ・ピース・クラブ(北原みのり主催)VibeGirlsメンバーとしても活動を始め、”日本女性会議2002あおもり”セクシャリティワークショップにメンバーとして参加。

深町 玲(フェミニストパフォーマー)
幼少期をインドネシアで過す。桑沢デザイン研究所ドレスデザイン科卒業後、インドネシア国立芸術大学工芸科留学。ファッションをフェミニズムで考える、「ReiWAOUEK?!」ファッションブランド設立。性・年齢・人種・体型・学歴・国籍・制度などの束縛を、「服装からの自由」を通して探求中。2002年5月、スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバルにてファッショ
ン・パフォーマンス開催及び写真&ふくブース展示参加。オーディエンス賞受賞。

日時:2002年12月10日(火) 19:00~21:00(18:30開場)
場所:アジア女性資料センター2階資料室
参加費:会員1000円/非会員1500円
※事前のお申し込みはいりません。当日直接会場へお越しください。

資料館