イベント

『タブー パキスタンの買春街で生きる女性たち』著者フォージア・サイードさんを迎えて

2010/11/02

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  『タブー パキスタンの買春街で生きる女性たち』
  著者フォージア・サイードさんを迎えて

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

パキスタンの都市ラホールには、伝統的に、すぐれた芸能で王侯貴族に仕えた高級娼婦「コーテザン」の制度がありました。それがどのようにして、タブーとされる「赤線地帯」に変化してきたのか、芸能と売買春の関係について、エスノグラフィーの手法を用いて8年間にわたって調査を行ったフォージア・サイードさんのお話をうかがいます。赤線地区に生きる人々の写真もたくさん見せていただきながら、「悪い女」を作り出して「貞節」を定める社会の矛盾を議論します。

フォージア・サイードさんプロフィール

ミネソタ大学(社会学博士)。パキスタン国立民俗伝統遺産研究所、国連開発計画(UNDP)パキスタン事務所、アクションエイド・パキスタン事務所などを経て、現在、NGOメヘルガル代表、ジェンダーと開発分野の国際コンサルタント。1991年に性的暴行や暴力による被害を受けた女性のための救援センターをパキスタンで初めて設立するなど,社会活動家として知られている。共著Women in Folk Theatre[大衆演劇に於ける女性]。

日 時 11月2日(火)18:30~
会 場 東京ウィメンズプラザ視聴覚室A
参加費 一般1200円 アジア女性資料センター会員700円
日英通訳つき

当日はフォージアさんの著書の日本語版『タブー パキスタンの買春街で生きる女性たち』(コモンズ、本体3900 円+税)の販売もあります。

お問い合わせ・お申し込み
アジア女性資料センター
TEL:03-3780-5245 FAX:03-3463-9752
E-mail:ajwrc@ajwrc.org

資料館