イベント

英語でワークショップ:家族ってなに? 女/男って? ジェンダーとセクシュアリティの関係をさぐる

2012/06/22

 連続ワークショップ★英語でフェミニズム

[font=Arial]What is a Family? What is a Woman/Man?
Exploring Intersections of Gender/Sexuality[/font]


家族ってなに? 女/男って?

ジェンダーとセクシュアリティの関係をさぐる

日時
6月22日、6月29日、7月20日、7月27日
(全4回:いずれも金曜日)19:00~21:00

家族ってなに? 結婚とは? 女/男って? フェミニズム運動やクィア運動が提起してきたこれらの問題について、英語で話しあう連続セミナーです。ジェンダーとセクシュアリティはどんなふうに相互に関連しているのか、現状を変えるためにいっしょに何ができるのか、みんなで話しながら探っていきましょう。英語での議論に不安な方も、講師やスタッフがサポートしますので、安心してご参加ください。

講師
ミー・パーソン(My Person)

スウェーデン出身。フェミニズム、クィア、LGBT運動に長く関わっている。DJ、パフォーマンスアーティストとして、ジェンダーとセクシュアリティの規範を問い直し、大学などでも差別やハラスメント防止教育に関わってきた。現在、芝浦工業大学でジェンダーとセクシュアリティについて教えている。

プログラム

第1回(6/22)部屋:渋谷区女性センターアイリス(8F)
イントロダクション Introduction
第1回目は、セミナーの進め方やみなさんの期待・関心を確認したあと、ジェンダー、セクシュアリティ、シスターフッド、エンパワーメントなど、いくつかの大事なコンセプトについて話します。

第2回(6/29)部屋:学習室2(2F)
家族とは?誰が家族なの? What is a family? Who counts as family?
あなたにとっての家族とは誰のこと? フェミニズム運動やクィア運動は、伝統的な「家族」の概念を問い直し、広げたり、変えようとしてきました。異なる家族のかたちや選択について考えてみましょう。

第3回(7/20)部屋:学習室2(2F)
結婚、誰にとって、なぜ重要なの? Why does marriage still matter?
なぜ結婚はいまだに重要な問題なのでしょうか。アメリカのオバマ大統領が最近、同性愛者の結婚を支持したことは、何を意味するのでしょうか? 結婚から見える社会の規範について考えてみます。

第4回(7/27)部屋:学習室7(2F)
一緒に変化を起こすために How do we make changes?
最終回では、これまで学び考えてきたことを実践にうつすためのステップを考えてみましょう。みんなの力で変化を起こすために何ができるのか、さまざまな方法を話し合います。

会場
渋谷区文化総合センター大和田→地図
(JR渋谷駅西口徒歩5分。日によって部屋が変わります。詳細は上記プログラムをご覧ください)

参加費
一般:各回1500円 全回一括4500円
アジア女性資料センター会員:各回1000円 全回一括3000円
学生・20代:各回500円 全回一括1500円

お申込・問い合わせ
アジア女性資料センター
E-mail. ajwrc@ajwrc.org

資料館