イベント

いま、松井やよりと出会いなおす――植民地主義を問うフェミニズムへ

2012/12/15

いま、松井やよりと出会いなおす
――植民地主義を問うフェミニズムへ

日本だけでなく世界の女性運動、社会運動に大きな足跡をのこしたジャーナリスト・活動家の松井やよりさんが亡くなってから、今年で10年になります。女性差別、戦争責任、植民地主義、経済開発、公害、性搾取、移住労働、戦時性暴力、メディアの役割など、幅広いテーマを追いかけ、2000年「女性国際戦犯法廷」を実現させた松井さんの足跡から、私たちは何をどう引き継ぐのか。「追悼」ではなく、いま、植民地主義の暴力を打開する道を構想するために、松井やよりと出会いなおすシンポジウムを開催します。

プログラム
◆映像でみる 松井やよりの生涯と仕事
◆松井さんの意思を受け継ぐ3団体の活動
◆パネル1「松井やよりを語る――その運動と思想」
 高里鈴代(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会)
 弘田しづえ(パックスクリスティ・インターナショナル執行委員)
 武藤一羊(ピープルズプラン研究所)
◆パネル2「松井やよりの遺産をどう引き継ぎ、どんな運動をつくるのか」
 渡辺美奈(女たちの戦争と平和資料館(wam)事務局長)
 張慧純(月刊イオ編集部)
 もりきかずみ(アジア女性自立プロジェクト)
 田中雅子(アジア女性資料センター運営委員)
コーディネーター:竹信三恵子(ジャーナリスト・和光大教授)

【日時】2012年12月16日(日)13:30~17:00
【会場】早稲田大学国際会議場第1会議室
アクセス:地下鉄東西線早稲田駅徒歩10分/JR山手線高田馬場駅より都営バス西早稲田 徒歩3分/都電荒川線早稲田駅 徒歩5分
http://www.gscn.net/event/images/map.pdf

【交流パーティ】17:30~19:30
Khana 早稲田店 (TEL 03-3207-5891)
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13093260/dtlrvwlst/
【参加費】
シンポジウムのみ 1000円
シンポジウム+パーティ 3000円
パーティのみ3000円

【共催】アジア女性資料センター/アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館(wam)/「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター(VAWWRAC)

============================
【参加申し込み】
下記にご記入のうえ、ajwrc@ajwrc.org までお送りください。
【お名前】
【シンポジウム】 出 欠
【交流パーティ】 出 欠
【ご連絡先】
【その他連絡事項】参加のために必要なサポート(情報保障など)の要望があれば、事前におつたえください。できるだけ検討いたします。
============================

資料館