ニュース

UNIFEMの新事務局長が決定

2008/04/10

昨年までUNIFEMの事務局長をつとめ、現在はESCAP(アジア太平洋経済社会委員会)に移ったノエリーン・ヘイゼルさんの後任として、スペイン出身の社会学者Ines Alberdiさんが新UNIFEM事務局長に決まったと、国連は4月7日に発表しました。国連機構改革がすすむ中、もっとも重要な女性機関であるUNIFEMのリーダーシップを今後誰がとるかは非常に重要な政治的意味をもっているため、後任人事に注目が集まっていました。
この決定について、グローバル・サウスのフェミニスト団体「DAWN」のメンバーで、インド出身の活動家・研究者のギタ・センを推薦する運動を行ってきた女性活動家たちの間には不満が高まっています。DAWNは「人選プロセスが不透明」と決定を批判する声明を発表しました。

Appointment of Spanish sociology professor to U.N. women’s post sparks criticism
The Associated Press Tuesday, April 8, 2008
http://www.iht.com/articles/ap/2008/04/08/news/UN-GEN-UN-Women-Appointment.php

資料館