ニュース

性同一性障害の戸籍性別変更要件見直しへ

2008/04/07

4/8追記
2003年7月に成立した性同一性障害者性別特例法について、与党は、戸籍上の性別変更要件のうち「子がいないこと」という要件を、子が成人していることを条件に、緩和する方針を固めた。
この要件は、「『女である父』や『男である母』が出現すれば家族秩序を乱す」という与党内保守派の意見で入れられたが、当事者からは強い批判が出ていた。民主党も、子の年齢に関わらず同要件の撤廃を検討しているため、超党派による改正案が今国会に提出されれば成立する見通しだ。

「パパは女・ママは男」OK 性同一性障害巡り法改正へ
2008年04月08日08時01分 朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0407/TKY200804070296.html
性同一性障害の戸籍性別変更、「子供なし」要件見直しへ
4月6日12時4分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080406-00000009-yom-soci

資料館