ニュース

インドネシア人看護師・介護士、国会で受け入れ承認

2008/05/19

インドネシア人看護師・介護士、国会で受け入れ承認

16 日午前の参院本会議で自民、民主、公明各党などの賛成多数により、インドネシア人の看護師・介護福祉士などに関する経済連携協定が承認された。2年間で看護師400人、介護福祉士600人の計1000人が受け入れられることになる。早ければ7月下旬にも第1陣が来日の予定。
 厚生労働省は受け入れ病院・施設の条件を定めた指針を公表し、同省外郭団体の「国際厚生事業団」が、応募した病院・施設を審査。受け入れ先リストをインドネシア海外労働者派遣・保護庁(NBPPIW)に送り、就労あっせんを両機関で一元的に行うことになる。
日本側の施設・病院と雇用契約を結んだインドネシア人看護師は3年、介護福祉士は4年を上限にビザが発給される。その間看護助手などとして働きながら、日本の国家資格取得を目指すことになる。

EPA:インドネシア人看護師・介護士、国会で受け入れ承認
毎日新聞 2008年5月16日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080516dde007020045000c.html

資料館