ニュース

6月8日(金)井口泰さん講演「外国人看護士・介護士受け入れと市民の課題」

2007/06/05

■ どうする?日本の外国人労働者受け入れ政策 ■
■~外国人看護士・介護士受け入れと市民の課題~■

     講師 井口 泰さん(関西学院大学)

6月8日(金)19:00~20:45

連続セミナー「ケアのグローバル化とジェンダー」第3回は、外国人労働者問題に詳しい井口泰さんを関西からお招きします。
諸権利をそなえた「労働者」ではなく、市場の要求に応じて使い捨てできる労働力として外国人を求めてきた日本の政財界がつくりだした「研修生」制度は、搾取と人権侵害の温床として批判されています。外国人看護士・介護士受け入れ制度は、同じような問題を生み出さないといえるでしょうか?
外国人と女性は、つねに「少子化」による日本の労働力「不足」を支える低コスト労働力と見なされてきました。ともに労働者として権利を守るために、市民の課題を考えます。

場所:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室B
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html
資料費:1000円(アジア女性資料センター会員は700円)

お問い合わせ
アジア女性資料センター

資料館