ニュース

3/19 セミナー「脱北女性たちは、今――東アジアの平和をめざす韓国フェミニストメディアの報告」

2007/03/12

セミナー「脱北女性たちは、今――
 東アジアの平和をめざす韓国フェミニストメディアの報告」

「周辺諸国に脅威をあたえる独裁国家」としての面ばかりを強調するマスメディアの北朝鮮報道は、日本も韓国も同様。そんな中、フェミニスト・ジャーナリズムを標榜する韓国のインターネット新聞「ILDA」は、脱北女性たちと北朝鮮の住民たちに寄りそいながら、記録し、報道する活動を続けてきました。

ユン・ジョンウン記者は、1997年中国の脱北食糧難民の支援及び記録をはじめ、ベトナム、スリランカ、イラクなど紛争地域の取材・記録活動を行ってきた平和運動家・ジャーナリストです(著書にイラク戦争とジャーナリズムに関する『悲しみは流れなければならない』)。

2003年5月の「ILDA」創刊時から編集長として活躍しているチョウイ・ヨウルさんは、7年間フェミニスト・ジャーナリストとして活躍しながら、韓国社会の人権と平等問題を発掘し、記録してきました。

女性メディアとして、反戦平和と民主主義のために活動されているお2人とともに、女性の視点から東アジアの平和実現のための取り組みを考えます。

共催 アジア女性資料センター、ふぇみん婦人民主クラブ
日時 3月19日(月)18:45~
場所 東京ウィメンズプラザB1視聴覚室
参加費 800円

資料館