ニュース

警察のセカンド・レイプを問う裁判と集会

2007/01/31

警察のセカンド・レイプを問う裁判、いよいよ警察官尋問
      裁判と集会にどうぞご参加ください

 性暴力の被害者は、しばしば加害者によってだけでなく、警察の屈辱的な捜査と事件処理によって、二重の苦しみを味わっています。
 2002 年に横須賀基地所属の米軍人による性暴力を受けた「ジェーン」さん(仮名)は、現在、神奈川県警の捜査によって受けた苦痛に対する国家賠償訴訟を起こしています。病院で緊急手当を受けさせない、現場検証のために被害者が指示説明をしているところを写真撮影するといった警察の対応は、性暴力被害者を二重に傷つける「セカンド・レイプ」といえます。この裁判は、警察の暴力を根絶し、性暴力事件に対する適切で正義ある事件処理を実現するうえで重要な機会となるでしょう。
 2月13日には、いよいよ警察官尋問が行われ、閉廷後には中野麻美弁護士が出席して集会を行います。関心をもつメディア関係者および市民の皆様の参加をお待ちしています。

2月13日(火)
裁判: 13:30~ 東京地裁722号法廷
裁判後集会:16:30~ 弁護士会館5階 507ABC室

この件に関するお問い合わせ:
アジア女性資料センター

資料館