ニュース

公開セミナー:バングラデシュ女性NGOの挑戦

2007/01/25

  ■女性に対する暴力の社会的・文化的背景■
  ■   バングラデシュ女性NGOの挑戦  ■

日時:2月4日(日)14:00-16:00
場所:女たちの戦争と平和資料館オープンスペース
スピーカー:ギタ・ダスさん(ナリポッコ運営委員)
参加費:800円(入館料含む)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ バングラデシュでは、人身売買や、顔に酸をかけるなどの女性に対する暴力が深刻な問題になっています。女性に対する暴力と闘う400以上の草の根女性グループをコーディネートする最もアクティブな女性NGOが「ナリポッコ」です。

「ナリポッコ」とは、ベンガル語で「女性の側」という意味。文字通り女性の側に立って、イスラム教の国教化に抗議したり、国家機関の女性に対する暴力を監視したり、セックスワーカーの権利擁護組織を結成するなど、活発な活動を展開してきました。国連女性差別撤廃委員会など様々な国際会議に参加し、国際的な動きとバングラデシュ NGOをつなぐ要としても、大きな役割を果たしています。

貧困や暴力などの問題を解決するために、草の根の市民たち自身が大きな役割を果たしている「NGO大国」バングラデシュ。女性に対する暴力を終わらせるバングラデシュ女性NGOのとりくみをお聞きします。

■ギタ・ダス(Gita Rani Das)さん
1995年にナリポッコに参加し、現在は運営委員・トレーニングコーディネータとしてボランティアで活動している。世界各国でトレーニングや会議に参加。夢は「女性があらゆる拘束から自由になるために世界を変えること」。

■ナリポッコ Naripokkho
1983年設立のバングラデシュの代表的女性アクティビスト・グループ。
 ●男女平等の実現と女性の政治参加促進
 ●女性の人権・女性に対する暴力への取り組み
 ●女性の健康とリプロダクティブ・ライツ
 ●環境・開発の中のジェンダー
 ●メディアや文化の中での女性の描写・表現
の分野について、リサーチ、キャンペーン、抗議行動、文化イベント実施などを行っている。

共催:女たちの戦争と平和資料館/アジア女性資料センター
協力:シャプラニール=市民による海外協力の会

資料館