ニュース

講演&映画上映「カンボジア内戦下の性暴力」(大阪・東京)

2006/12/18

1970 年代にカンボジアを支配したポル・ポト政権下では、100万人以上の人びとがその犠牲となり命を奪われました。2006年7月にようやく、当時の戦争犯罪を裁くためのクメール・ルージュ国際法廷が開始されました。しかしながら、当時行われていた女性に対する暴力の多くが語られることはほとんどなく、その実態は知ら
れることが少ないままにあります。

カンボジア弁護士の会の中川香須美さんは、女性に対する暴力の実態を明らかにするために被害者や目撃者から丁寧な聞き取り調査を行い、それを報告書としてまとめました。日本に一時帰国する中川さんのお話とあわせて、ドキュメンタリー映画:「ポル・ポト政権下の性暴力を生きぬいて」(監督:ラチャナ・パット Rachana Phat [カンボジア/2004年/30分])の上映を、大阪と東京の2会場で開催いたします。

★大阪★
日時:1月10日(水)18:30から20時30まで(開場:18:15)
場所:高槻市立総合市民交流センター
行き方:JR高槻駅南側中央改札口徒歩1分、阪急高槻駅徒歩10分
(付近地図)
資料代 800円
主催:アジア女性資料センター&「女性・戦争・人権」学会
*どなたでも参加できます。事前予約はいりません。

★東京★
◆日時:2007年1月11日(木)19:00~21:00
◆場所:アクティブミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」オープンスペース
◆参加費: 800円(入館料含む)
◆共催:女たちの戦争と平和資料館、アジア女性資料センター
協力:国際子ども権利センター
◎ お問合せ・お申込は「女たちの戦争と平和資料館」まで◎ TEL 03-3202-4633 E mail: info@wam-peace.org  URL:http://www.wam-peace.org

資料館